沖縄にしかないアメリカ系ファストフード店がある。

A&W(エー・アンド・ダブリュー)。

我等のマクドナルドなどと比べると知名度は低いが、一説では最も早く日本に進出したハンバーガーチェーンだ。

1963年に沖縄に第1号店がオープン。これは1972年の沖縄の日本復帰前のことだ。

沖縄では「エンダー」と呼ばれ、親しまれている。「ィー・エ」と発音するところから来ている。

言ってみれば、矢沢永吉流に「ラジオ」を「レイディオ」と言うようなもの。

英語はカタカナで覚えるより音で覚えた方がいいのだ。

そのメニューの一つがこのチリ・チーズ・フライズ。フライドポテトの上にチリ(アメリカ南部の挽肉料理)とチーズがトッピングされている。

といっても、これは広島にある沖縄料理の店「比嘉(ひが)商店」のメニュー。ただ、エンダーと酷似しているのだ。

無題

チリと言えば、ビジネススクール留学中によくチームを組んだクラスメイトがよく作ってくれた。

ジーンズが似合うテキサス出身のブロンド美人だった。

彼女のレシピはチリの隠し味にチョコレートを入れることだったな・・・

というような、アメリカの景色が、これを一口ほおばると脳裏に展開する。

僕の祖母はアメリカ生まれのアメリカ育ちだった。

そういう遺伝子がどこか僕の中で活発に躍動しているのかもしれない。

エンダーはいつもアメリカの香りを運んでくる。