こんにちは。エアシェフhiroです。

「洋食屋」ってどんどんなくなっていますよね。広島にはアラスカという洋食屋さんがありますが、ここは移転して昔ながらの昭和レトロな雰囲気が全くなくなってしまいました。

南星という、元洋食屋さんは、今も健在ながら、メニューが変わって洋食屋ではなくなっています。

それに比べると、人口が多くて下町文化などの昔ながらを大事にする東京は、表面的にどんどん変わってはいますが、今でも昭和レトロがたくさん残っています。

ビルが建ち並ぶ丸の内だって、ちょっと路地に入ると別世界が広がっています。

僕が以前働いていた日本橋には「たいめいけん」という昭和レトロな洋食屋があって、よくランチを食べに行きました。

最近ではよく日に焼けた三代目オーナーシェフの茂出木さんがメディアによく登場していますので名前を聞かれた方も多いのではないでしょうか。

先週末は浅草の帰りに久しぶりに「たいめいけん」行ってきました。相変わらずボルシチとコールスローは50円! メインでオーダーしたのはこの分厚いタンシチュー。

こういう店は秘伝のデミグラソースを持っていて店の個性が出るんですが、僕はここのデミグラ好きですね。昭和レトロな古き良き時代の空気がいまだに漂っているような空間で、濃厚な時代を感じるタンシチューをいただくのは、本当に心が満たされますね。

では今日も美味しい一日を!

 

たいめいけん
東京都中央区日本橋1-12-10

電話: 03-3271-2465
営業時間:
《1F》
[月〜土]11:00~21:00 (L.O.20:30)
[日・祝]11:00~20:30 (L.O.20:00)